フードコーディネーターの仕事について

みなさんはフードコーディネーターという職業、資格をご存知ですか?

 

フードコーディネーター 仕事

フードコーディネーターというのはその名前から分かるように食に関する仕事、資格のことをいいます今回はそんなフードコーディネーターについて簡単にご紹介。

 

フードコーディネーターという仕事

 

フードコーディネーターという仕事をよく耳にすることがあるかと思います。でも耳にすることはあっても実際にフードコーディネーターという仕事がどういったものかはっきりと答えられない人って多いと思います。

 

フードコーディネーターは食に関わる仕事です
食の様々な楽しみ方

 

調理方法やレシピの考案・提供

 

食を彩る食器やテーブルなどのコーディネート

 

料理教室の先生や企業へのアドバイス

 

フードコーディネーターが手掛ける仕事は本当に幅広いものなのです。ただ今現在フードコーディネーターとして活躍している人達、一人一人がこれらの全ての仕事をカバーしているわけではありません。

 

それぞれが自分の得意な食に関する分野でフードコーディネーターとして活躍しているのです

 

フードコーディネーターという資格

 

フードコーディネーターには資格も存在します。これは「日本フードコーディネーター協会」が実施する認定試験に合格することで取得することができます。

 

今現在フードコーディネーターに関する資格は、この日本フードコーディネーター協会が認定している資格のみとなっています。資格自体が

入門レベルの3級

フードコーディネーター2級

フードコーディネーター1級

というようにレベルアップしていける仕組みになっています

 

フードコーディネーター 資格

フードコーディネーターになるために必ず資格が必要になるわけではありませんが、日本フードコーディネーターが協会が認定している資格も「民間資格」といって国家資格などとは違い、協会や団体が自ら基準を定めて認定試験を実施しています。

 

しかし、今現在ではこのフードコーディネーターに関する資格はこれしか存在しないため、フードコーディネーターとして活躍するために、この資格を取得する人は多いです。たとえ民間資格だとしても資格があるのとないのとでは、フードコーディネーターとしての説得力も違ってくるでしょう。

 

フードコーディネーターの需要

 

フードコーディネーターというのは、本当に幅広い活躍ができる職業です。また食というのは人が生きていく上で欠かせないものです

 

食を楽しむ

食というのは今現在日本では「生きるため」というよりは、「楽しむもの」として扱われていますよね。そういった面から見てもフードコーディネーターの需要は高いといえるでしょう。

 

フードコーディネーターは活躍できる幅が広く、資格を取得することで説得力を持たせることができます。幅広い需要も期待できるため今後も注目のお仕事となっております!

 

フードコーディネーター3級の資格取得する方法

フードコーディネーターになるために、資格は必ず必要なものではありません。しかし資格があることで就職に役立ちますし、フードコーディネーターとしての説得力があがります。

 

フードコーディネーター3級とは?

 

日本フードコーディネーター協会が認定している資格です。今現在日本に存在するフードコーディネーターに関する資格は、この日本コーディネーター協会が認定している資格しかありません。

 

3級があるということは、もちろん2級、1級も存在します。その中でも3級は、フードコーディネーターとしての入門レベルの試験内容となっています。

 

フードコーディネーター3級を取得する方法は?

フードコーディネーター3級

このフードコーディネーターの入門レベルに値する3級の資格を取得する方法はいくつかりあます。フードコーディネーター3級を受験するための条件は「中学校卒業以上」というものだけです。これを踏まえた上で、フードコーディネーター3級の資格を取得する方法をご紹介

 

@独学で学習し試験を受ける

 

まずは最も手軽な方法として独学という方法があります。民間資格の場合に多いのが、試験を実施する協会や団体が指定する講座やカリキュラムを受講しなければ受験資格が得られないというパターンです。

 

しかし、フードコーディネーター3級の受験資格は「中学校卒業以上」というものだけです。そのため書店などで資格取得のための書籍を購入し独学で学習をして試験を受けることも可能

 

A専門学校に通って試験を受ける

 

専門学校

専門学校に通い、資格の勉強をして試験を受ける方法もあります。この方法の場合、専門の講師からフードコーディネーター3級だけでなく、幅広いフードコーディネーターとしての知識や技術を教えてもらうことができます。

 

Bスクールの通学講座や通信講座を受講して試験を受ける

 

 

フードコーディネーターに関する通学講座や通信講座はいくつか開講されています。特に通信講座は社会人の方や学校やスクールに通う時間がうまく取れない人にとってはおすすめです

 

フードコーディネーター3級を損なく取得には

フードコーディネーター3級 資格

スクールの通学講座や通信講座を考えている場合は、「ブラッシュアップ学び」というサイトを利用するといいでしょう。

 

このサイトでは全国のフードコーディネーターに関する通学講座や通信講座を調べることができ、気になる講座があれば無料で資料を請求することができますので、自分に合う講座を見つけて取得していきましょう!

 

まずは無料の資料請求で情報収集

フードコーディネーター 通信講座

 

フードコーディネーター3級の資格取得にかかる費用は?

フードコーディネーター3級の資格は、フードコーディネーターの入門レベルの内容の試験となっています。そのためフードコーディネーターになりたいと考えている人の中でこの資格取得を考えている人も多いのではないでしょうか?

 

フードコーディネーター3級認定試験にかかる費用

フードコーディネーター 費用

どんな試験でも受ける際には受験料がかかってきます。フードコーディネーター3級の認定試験も例外ではなく、一般的に試験を受けるためには11,000円かかります。

 

また試験に合格して終了ではありません

 

試験に合格すると合格通知が届くのですが、この通知とともに「認定登録申請書」というものが送られてきます。この認定登録書を使って正式に認定登録の手続きを行ないます。この際、認定登録料として21,000円が必要です。

 

これらを経て、初めてフードコーディネーター3級の資格保有者として認定されるのです。そのため純粋に試験を受験し、資格の認定登録を済ませることだけ考えれば、費用は33,000円ということになります。

 

資格取得のための学習方法による費用の違い

フードコーディネーター 学習方法

フードコーディネーター3級の資格取得のための学習方法はいくつかあります。それぞれの方法ごとにかかる費用も紹介します。

 

独学の場合

 

独学の場合、受験料以外にかかる費用は書籍代くらいです。本屋に行けばフードコーディネーター3級を独学で勉強するためのテキストなども売っています。

 

専門学校の場合

 

専門学校は全国にありますが、学費はピンキリです。2年間で200万円を超える学校もあれば、100万円程度ですむ学校も中にはあります。

 

スクールの通学講座

 

これもまた専門学校と同じようにピンキリです。最も安くて4万円程度で済む講座もあれば、120万円ほどかかる講座もあります。

 

スクールの通信講座の場合

 

通信講座の場合は専門学校などと比べるとそこまで大きな費用の差はありません。最も安くて2万4千円ほどから受講することが可能です。

 

ここまで紹介したように、学び方によって資格取得までにかかる費用は大きく異なってきます。中でもおすすめのは、スクールの通学講座や通信講座です。

 

通信講座はもちろん自宅で空いた時間を使って勉強するので、時間的な縛りがありません。また通学講座も毎日通わずに週に2〜3回というような講座もあるので、社会人や忙しい人にもおすすめです

 

上手に講座を選ぶ方法

ブラッシュアップ学び

通学講座や通信講座でかかる費用をもっと細かく調べて比較して、受講する講座を選びたいという人には、「ブラッシュアップ学び」というサイトがおすすめ

 

このサイトを使えば、全国のスクールの通学講座や通信講座を比較することができ、また気になった講座があれば無料で資料請求することができます。

 

ブラッシュアップ学びを使って上手に講座選びをして、フードコーディネーターに関する資格取得にチャレンジしてみてください。

 

>>>フードコーディネーターの講座の資料請求はこちら


inserted by FC2 system